Greeting 社長挨拶

1988年、本場ウィーン・デメルのザッハトルテをはじめ、チョコレートやクッキーなど、その馥郁たる香り、奥深い味わいの素晴らしいお菓子を日本でもぜひ紹介したいという思いから、デメル・ジャパンが設立されました。

ひとつひとつのお菓子に愛情を込めて、丁寧に作り上げていくウィーンの職人達の気質は、そのままデメル・ジャパンにも引き継がれております。またデメルの美しいパッケージは、お客様からも大変ご好評を得ています。箱のリボン結びにいたるまで、隅々まで「デメルの想い」を行き渡らせ、お客様のお手元にお届けしております。

こうしたお菓子への真摯な姿勢は創設時から、今もまったく変わることなく、 そしてまた、未来へもつないでいきたいデメル・ジャパンの財産でもあります。

オーストリア帝国、ハプスブルク家の人々が愛した味を日本でもそのままに。どうぞ末永くデメル・ジャパンをご愛顧ください。

デメル・ジャパン株式会社
代表取締役社長 大住佑介